タグ:ミルミキサー ( 11 ) タグの人気記事
トマト酵母、二回目の結果は
b0172344_1541285.jpg
冷蔵庫に7日間保存した後に、常温で2日発酵させたトマト酵母です。今回で二回目になりますが、前回のような白いフワフワ(産膜酵母)はなく、シュワシュワとした泡も少なかったです。素材や温度などにもよるんでしょうね。
b0172344_1562615.jpg
フタを開けると、甘酸っぱいいい香りがします。酵母液を飲んだ印象は、若干、薄味でしたが、美味しかったです。朝から気温が高く、喉が渇いていたので、ミルミキサーで粉砕、ジュースにして頂きました。
b0172344_1582447.jpg

外部リンク:cobo-net

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
[PR]
by yuta-vegi | 2009-07-27 15:11 | 発酵食品
Vita-Mixで作るグリーンスムージーは本当に味が違うのか
b0172344_22573151.jpg
 Vita-Mixで作るグリーンスムージーは本当に味が違うのか、実験してみました。材料は、ほうれん草とバナナと水。右が、ミルミキサー。左がVita-Mixで作ったものです。粉砕時間は、回転数も違うでしょうから、正確に同じではないですが、全体的に粉砕できたなぁと思うまで粉砕しました。仕上りは同じに見えますが、よく見ると右のミルミキサーで作ったグリーンスムージーの底の方では水分が分離してきています。
 肝心の味ですが、同じ材料ですので、当然ながら、それほど大きな違いはありません。しかし、食感というか舌触りというか、そうした感覚も味に含めるとすると、味は違います。Vita-Mixは滑らかです。少々粉っぽい気もしますが、ミルサーで作った場合ほどは気になりません。ミルミキサーでは、やや粉砕時間が短かったのか、材料それぞれが何となく分かり、完全に混ざり切っていないような感じでした。味というか、食感は好みだと思いますが、吸収しやすさからいうと、Vita-Mixなのかなぁとも思います。
 今まで、クイジナート、ミルミキサー、ミルサー、Vita-Mixといろんな調理器具でグリーンスムージーを作ってきました。個人的な感想になりますが、それぞれ一長一短があるような気がします。クイジナートは、グリーンスムージーというよりもグリーンピューレのようなトロッとしたものを作るのに向いていると思います。ジュース的なものには向いていないようです。ミルミキサーは手軽で好きなんですが、容量が少ないので材料をカットして入れる必要があります。ミルサーで作ると、ちょっと粉っぽくなる気がします。ガラス容器というところは気に入っています。Vita-Mixは、評判通り、粉砕能力は素晴らしいのですが、音がやはり大きいですね。ガラス容器で、音も静かなら言うことないのにと思います。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
[PR]
by yuta-vegi | 2009-07-08 23:25 | Drinks
トマト・ヨーグルトクリーム・パスタ
b0172344_21381277.jpg
 ズッキーニのパスタの試行錯誤が続いています。今回は、トマトクリームソースに再挑戦。玄米豆乳ヨーグルトも3日ほど経つと水分が抜けてほぼクリームチーズのようになるので、それを使ってソースを作ってみました。刻んだ玉ネギとニンニク、それに粉末のトマトパウダーを加え、前述の3日経った玄米豆乳ヨーグルトと一緒にミルミキサーにかけます。そのままだと空回りしてしまうので、多少水を加えました。ちょうど良い状態になったらボールにあけ、オリーブオイルと塩、バジルなどで味を調えます。これでも、まぁまぁいけるのですが、欲が出ました。温めてみたのです。

 ローフード、リビングフードは酵素が失活しない温度(47~48度未満)で食べることが原則で、決して温めるのがいけないわけではありません。酵素はタンパク質で作られていて、人間もタンパク質から出来ているので、火傷しない程度の温度やお風呂のように快適な温度などを目安にすれば、特にディハイドレーターがなくても、酵素が失活しない温度までの加熱が出来るのでは、と考えたのです。温かいパスタが食べたくなったというのもありますが、温めた方が酵素の活性が高まる場合もあるようです。(参考記事:なぜ「ぬるロー」はないのか

 ズッキーニのパスタは、少し温めた後に濡れ布巾などの上に置いて粗熱を取ったフライパンに投入して、加熱しました。このときジュッといえば、フライパンの温度が高過ぎるので、さらにもう少し粗熱を取ります。トマトソースの方は、ガスレンジで弱火の遠火にかけ、慎重に加熱。味見をしながら、温度が高くなり過ぎないように気をつけます。人肌くらいになったら、加熱を終えます。(ヨーグルトを混ぜていたので、温度が上がると発酵が始まってビックリしました)。ソースとパスタをあえて、完成です。

 で、肝心の味ですが、まだまだ改良の余地がありそうです(笑)。


にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ 
[PR]
by yuta-vegi | 2009-06-26 22:16 | Mains
ポパイ・スムージー
b0172344_1046455.jpg
ほうれん草とアボカドのスムージーです。飾っているのは、ウチで作ったほうれん草。プランター育ちです。グラスが物凄く大きいのではなく、ほうれん草が小さいのです(笑)。最近は、クイジナートではなく、専らミルミキサーのミキサーでグリーン・スムージーを作っています。ミルサーだと何だか粉っぽくなるような気がしますし、パッキンを外して洗うのも若干面倒なので、小さなミキサーにカットした野菜を入れて作っています。

ほうれん草といえばポパイですが、ご存じない世代の方もいらっしゃるのかな(笑)。
マガジンハウスのファッション誌ではなく、アメリカンコミックのキャラクターです。
外部リンク:Wikipediaポパイ


にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
[PR]
by yuta-vegi | 2009-06-22 11:07 | Drinks
アボカドのアーモンドミルクスープ
b0172344_12245586.jpg
アボカド、スティックセニョール、マッシュルーム、新玉ネギ、ニンニクに、水とアーモンドミルクを加えて、ミルミキサーで作ったスープです。塩と生しょうゆで味を調えます。食感の違いを楽しむために、カットしただけのアボカドとスティックセニョール、マッシュルームをトッピング。カイエンペパーで彩を添えています。お好みで、オリーブオイルなど。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
[PR]
by yuta-vegi | 2009-06-14 12:30 | Soups
バナナマンゴー豆乳ヨーグルトのスムージー
b0172344_11293954.jpg
曇り空の朝には、甘くてクリーミーなスムージーが合うかもしれません。発酵玄米ヨーグルトから作った豆乳ヨーグルトをベースに、バナナ、冷凍マンゴーと豆乳を少し加えて、スムージーを作ってみました。ブルーベリーなどトッピングしても可愛いと思います。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
[PR]
by yuta-vegi | 2009-06-03 11:33 | Drinks
玄米ヨーグルト、再挑戦
b0172344_1132643.jpg
前回の発芽玄米ヨーグルト、初めてにしては上手くいったと思うのですが、ミルミキサーで完全に粉砕していなかった玄米のツブツブが発酵が進んでもそのまま残ってしまい、ちょっと気になりました。今回は、前回よりも細かくなるまでミルミキサーにかけました。発酵が楽しみです。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ 
[PR]
by yuta-vegi | 2009-05-28 11:08 | 発酵食品
発酵進む、玄米ヨーグルト
b0172344_22101824.jpg
夜に玄米ヨーグルトの様子を見てみると、随分と発酵が進んでいます。昼間様子を見たときにはあった上澄み液もすでになくなっていて、量も1.2~1.3倍くらいに増えています(よく見るとうっすらと横方向に白いラインがあるのが分かると思いますが、それが今朝の量です)。ポツポツしているのは、発酵による気泡ではないかと思います。参考にしているブログ『サムライ菊の助「畑日記」』の記事「秘伝!生玄米ヨーグルトの作り方」では、2日置くとありましたが、試しに食べてみました。ミルミキサーで残ってしまったツブツブはそのままでしたが、糠のような匂いで、若干酸味もありました。過発酵にならないか、ちょっと心配ですが、明日の朝までこのまま様子を見てみようと思います。アドバイスなどございましたら、お知らせ頂けると嬉しいです♪

追記:2009/5/26
今朝様子を見てみたら、昨夜とそれほど変わっていませんでした。夜の室温では発酵が進まないのか、それとも発酵が完了しているのかもしれません。試しに食べてみると、昨日よりは酸味が増し、匂いも糠の匂いに加えて、ヨーグルトのような匂いがしています。上の方はやや固まっている感じでしたが、かき混ぜると、シュッと泡が抜けて、全体的には液状になってしまいました。最終的な完成形が分からないので、今日も室温(20~25度)で様子を見ようと思います。試しに、この玄米ヨーグルト大さじ3杯と豆乳500mlを別のガラス容器に入れてみました。こちらも様子を見てみようと思います。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ 
[PR]
by yuta-vegi | 2009-05-25 22:21 | 発酵食品
ブルーベリー・スムージー
b0172344_111047.jpg
発芽玄米ヨーグルト用に作った玄米クリームを少し残しておいて、そこへバナナ、冷凍マンゴー、冷凍ブルーベリー、豆乳を入れ、ミルミキサーにかけました。爽やかな甘みがご機嫌なスムージーです。マーロウのプリン容器に入れていますが、もちろんマーロウでは販売しておりません(笑)。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
[PR]
by yuta-vegi | 2009-05-25 11:07 | Drinks
発芽玄米ヨーグルト作りに挑戦
b0172344_1043918.jpg
発芽玄米ヨーグルト作りに挑戦してみました。ブログ『サムライ菊の助「畑日記」』の記事「秘伝!生玄米ヨーグルトの作り方」を参考にしています。上写真は玄米を水に浸して2日目の状態です。数時間浸しただけの前回と比べると、角のような芽が出ているのが分かります。水を切り、新しい水と一緒に発芽玄米をミルミキサーにかけ、保存用のガラス容器に入れたものが下の写真です。薄い青色のガラス容器です。液体中央部は気泡ではなく、ミルミキサーで完全に粉砕できなかった玄米のツブツブです。ヨーグルトになるには2日かかるそうですが、さて、上手くいくでしょうか。2日後に、また記事をアップする予定です。(次回の記事
b0172344_10484893.jpg
追記:2011/6/11
後日記事リンク
発酵進む、玄米ヨーグルト』2009/05/25
玄米ヨーグルト、再挑戦』2009/05/28
玄米ヨーグルト、再挑戦の結果』2009/05/28

追記:2011/7/12
最近は粉砕してすぐに冷蔵庫に入れています。豆乳ヨーグルトのベース(スターター)として頻繁に使っていますが、発酵には特に問題はありません。粉砕後しばらくすると、表層部にはヨーグルトの乳清のように水分が分離してきますが、その水を捨てずに残して置くと、水を捨てた場合に比べて、劣化が遅く、長く保存が出来るように思います。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ 
[PR]
by yuta-vegi | 2009-05-25 11:00 | 発酵食品