冬瓜で作るパスタ、アボカドソース
b0172344_2034387.jpg
 気になってはいたものの、これまで一度も使ったことのなかった冬瓜でパスタを作ってみました。今回もピーラーを使いましたが、中心に行くに従って、ぐじゅぐじゅした感じなるので、細切りのピーラーでは難しく、包丁などを使った方が良いと思います。食感は大根と近い感じですが、クセが無く、また、ズッキーニのようにヌルっともしないので、結構いいかもしれません。一応、塩揉みして、水洗い。固く絞ってから、ソースに和えました。
 ソースの具材は、カットしたアボカドとプチトマトにブロッコリースプラウト。それらを醤油とオリーブオイルとニュートリショナルイーストで和えたものです。醤油ではなく、塩でもいいかなと思います。使ったことがなかったので苦手意識のあった冬瓜ですが、意外といい感じになりました。使った冬瓜の分量は下の画像の1/2ですので、全体で言うと1/8個になるでしょうか。もう少し食べられそうです(笑)。
b0172344_20998.jpg
 これまでのベジ・パスタ料理については、カテゴリ「Mains」からご覧頂けます。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
[PR]
# by yuta-vegi | 2013-06-24 07:02 | Mains
○○風な食べ物の謎
b0172344_1131390.jpg
 ローフードや菜食で○○風な食べ物に出会うと、個人的には違和感があります。例えば、麩で作るトンカツとか、野菜で作るパスタなどです。麩のカツなら麩の揚げ物と、大根パスタなら細切り大根だと言って欲しいなと思ったりします。そうでないと、口に入れたときに「違うっ!」と思ってしまうからです(笑)。とはいえ、周りからそうした意見を全く聞かないので、私だけの感想かもしれません。でも、どうして○○風なメニューがあるのだろうとずっと謎でした。

 最近、iPhoneの新OSではフラットデザインが採用されたというニュースを聞いた方もいらっしゃると思います。これまで素材感のある立体的な印象を持たせていたアイコンなどを、スッキリと簡略化し、平面なデザインに変更するそうです。そこで興味深い記事がありました。どこで読んだか探せなかったので、リンクは張りませんが、およそ次のような内容でした。iPhoneはもともとフラットデザインで行きたかったのだけど、いきなりタッチスクリーンでフラットなアイコンが並んでいては、ユーザーが何をすれば良いか何処をタッチすれば良いか分からない。そこで、デザインに素材感のある立体的な印象を持たせ、ユーザーに分かり易くして(スキューモーフィズムというそうです。リンク先ウィキペディア)リリースしましたが、タッチスクリーンでの操作に慣れた今、もともとやりたかったフラットデザインにしても、ユーザーはすぐに理解出来るだろうということらしいです。

 私にはこれが○○風な食べ物と、ちょっと似ている気がしました。斬新なローフードや菜食のメニューも聞いたことのある名前のメニューなら、素材が全く違うとしても、想像し易いからです。いつの日か、ローフードや菜食が広く普及し、全く違う名前になることもあるかもしれません。でも、今のところはすでに一般的に普及している名前を借りている方が、ずっと分かり易いのかなと思います。そのとき、○○風な名前は、一体どんな名前になるのでしょう。ちょっとワクワクします。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
[PR]
# by yuta-vegi | 2013-06-23 11:37 | 考察
これまでの経験を通して食について思うこと
b0172344_1043777.jpg
 ローフードや菜食を始めるまで、食について私はそれほど大切だとは思っていませんでした。美味しいものを食べたいけれど、基本的にはただ空腹を満たせば何でも良いとさえ思っていたのです。その結果、何を食べても蕁麻疹が出る状態になり、ローフードや菜食に出会うわけですが、いろいろな経験を通して、今、食について思うことを書いてみたいと思います。
 
 "You are what you eat"という言葉がありますが、食べたものが体を作るので、何を食べるかと言うのは非常に重要だと思います。車で例えると、これまではタンクが一杯になるなら、軽油でも灯油でもいいから何でも入れちゃおうと思っていたのが、それでは問題が起こって当然ですよね。やっぱりちゃんとしたガソリンを入れなくてはダメだと思います。
 
 じゃあ、何を食べるかということですが、食べてもっともっと食べたくなる食品はあんまり良くないのではないかと最近思っています。上のイラストのように、食べてもっと食べたくなるというのは欲しい栄養(黄色の丸)が足らないので、もっと欲しいということではないでしょうか。下のイラストのように、ちゃんと栄養が入っているものは、少しでも満足感があるように思います。体の状態もあるでしょうが、ローフードや菜食を続けていると、特にそう感じます。忙しくて総菜を買って食べた時などは、何だか満たされない思いと、必要の無いもの(或いは有害なもの)を口にしてしまったような気になることもあります。お腹いっぱいまで食べ進めたとしても、そこにあるのは「満腹感」であって、「満足感」ではないのかもしれません。

 それから、甘いものが食べたい時、体はお菓子等ではなくて、果物を欲しているのではないかとも思っています。甘みも重要でしょうけど、本当は果物に含まれるビタミンなどを欲しているのではないかと思っています。お菓子のない時代、人はきっと果物を食べていたことでしょうから。

 また何か気付いたり、考えたことがあれば、記事にしていこうと思っています。カテゴリ「考察」を新設し、そこにまとめていこうと思います。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
[PR]
# by yuta-vegi | 2013-06-23 10:24 | 考察
無農薬バジルの苗
b0172344_1843487.jpg
 無農薬バジルの苗が売っていたので、買ってみました。一つ128円。育たなかったとしても、諦めのつく価格です(笑)。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
[PR]
# by yuta-vegi | 2013-06-22 18:44 | 食材
時に失敗も…
b0172344_2111177.jpg
 絶対失敗しないだろうなと思っていろんな食材で試しているディハイドレーターで作るサラダですが、今夜イマイチでした。ブロッコリー、しめじ、ナス、発芽大豆を醤油、レモン汁、オリーブオイルで和えて、ディハイドレーターに二時間掛けたのですが、ブロッコリーが固く、ナスに味が染みていませんでした。う〜む。失敗は成功の母。また挑戦したいと思います。右は、妻が作ったカボチャのニョッキ、ブルーチーズソースです。

 これまでのサラダについては、カテゴリ「Salads」からご覧頂けます。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
[PR]
# by yuta-vegi | 2013-06-21 21:17 | Salads
カボチャと大根のサラダ
b0172344_8182035.jpg
 ローフードではないですが、美味しそうなサラダが出来たので、アップします。
 材料は、カボチャ、大根、ブロッコリー、トマト、インゲンです。大根はスライスして塩揉みしたのちに、クタッとしたら水洗いして、絞って水気を切ります。カボチャとブロッコリーは今回は冷凍のものを使いましたので、茹でて解凍。筋を取って茹でたインゲンとカットしたトマトを、合わせます。茹でたものと、冷たいものがあるので、少し冷ました方がいいかもしれません。味付けは、塩、黒酢、オリーブオイル、コショウ少々。バジルを少し散らしています。色彩が鮮やかで、食欲をそそりますね。ウチで喜ぶのは奥様ですが、お子様が喜びそうなレシピです。

 これまでのサラダについては、カテゴリ「Salads」からご覧頂けます。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
[PR]
# by yuta-vegi | 2013-06-17 08:24 | Salads
大根のパスタ、きのこソース
b0172344_18582777.jpg
 ピーラーで作る大根のパスタの食感をもう少し小麦のパスタっぽくならないものかと、試行錯誤です。大根の辛みを抜くために、塩やレモン汁で揉んだりしていましたが、時間が経つと辛みは消えて行くという記事や、辛みも美味しさの一つという意見もあり、辛みはそれほど気にしなくてもいいのかもしれません。今回は食感を改善すべく、スライスした大根を水洗いした後にしっかりと水気を切り、オリーブオイルをからめて、食前にディハイドレーターに15分ほど掛けてみました。結果は、やはり大根は大根ですね(笑)。妻は美味しいと言っていますが、個人的には刺身のツマと切り干し大根の中間のような印象でした。
 今回のソースは、きのこソース。カットしたトマトとニュートリショナルイーストを加え、醤油と黒酢とオリーブオイルでマリネしたきのこを、ディハイドレーターで1時間ほど乾燥したものです。このレシピはどの野菜でも美味しく頂けそうな印象で、今回もバッチリでした。全体的にはまずまずのレシピだったと思います。それにしても、ローフードは、食後の余韻がとても心地良いですね。ローフードの魅力再発見の午後でした。

 これまでのベジ・パスタ料理については、カテゴリ「Mains」からご覧頂けます。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
[PR]
# by yuta-vegi | 2013-06-16 19:19 | Mains
甘夏+グリーンスムージー
b0172344_17441912.jpg
 急に暑くなった午後に、さっぱりとしたスムージーを作ってみました。材料は、甘夏、ゴールドキウイ、アボカドに、ベビーリーフ。冷たくしたかったので、氷もプラス。水も加えてVita-Mixに掛けて、完成です。スッキリ爽やかな後味です。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
[PR]
# by yuta-vegi | 2013-06-16 17:47 | Drinks
アサイー+グリーンスムージー
b0172344_9244243.jpg
 今朝はいつものグリーンスムージーに冷凍アサイーのスムージーパックを入れてみました。色が凄い感じになってますが、元気が出そうな味です。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
[PR]
# by yuta-vegi | 2013-06-16 09:26 | Drinks
ローなお弁当
b0172344_1285885.jpg
ヨメのお弁当です。グリーンスムージーに、甘夏に、台湾バナナ。
スムージーは、バナナ、アボカド、ゴールドキウイ、ベビーリーフ、プロッコリースプラウトです。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
[PR]
# by yuta-vegi | 2013-06-15 12:11 | Drinks
大根のパスタ、カシューナッツソース
b0172344_1622676.jpg
 先日のカシューナッツのソースが余っていたので、ピーラーで作った大根のパスタにあわせてみました。大根がとても辛かったので、塩やレモン汁で揉んで、何度か水洗いしたところ、辛みは消えました。下には、塩、レモン汁、黒酢、オリーブオイルで和えて、ディハイドレーターに2時間かけた野菜たちです。レシピでは“ロースト”ベジタブルとなっていましたが、間違いない美味しさです。ちょっとBBQっぽくもありますね。
 ローフードなどで出て来る野菜のパスタは、一般的な小麦のパスタではなく、野菜をスライスして作っているのですが、パスタと聞くと、私はどうしても小麦のパスタをイメージしてしまうらしく、口に入れたときに、いつも違和感があります。妻に訊くと「そんなことはない」と言うので、人それぞれなのかもしれません。普段野菜パスタをずっと食べていると、意識も変わるかもしれませんね。

 これまでのベジ・パスタ料理については、カテゴリ「Mains」からご覧頂けます。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
[PR]
# by yuta-vegi | 2013-06-14 16:14 | Mains
ズッキーニのパスタ、カシューナッツソース
b0172344_17351912.jpg
 久しぶりにズッキーニでパスタを作ってみました。スライサーに掛けたのちに、5mm程度にカットしました。ソースは、カシューナッツとレモン汁、オリーブオイルなどをVita-Mixに掛けて作ったものです。教わったレシピ通りでしたが、ソースを掛け過ぎた気がします。ズッキーニのパスタを久々に作ったので忘れていましたが、スライスした後に少量のオリーブオイルをまぶして、水気が出ないようにコーティングした方が良かったと思います。ちょっと水っぽい印象でした。サンドイッチにて食べると、ちょうど良かったです。粉チーズのように見えるのは、すりおろしたマカデミアナッツとニュートリショナルイーストを混ぜたものです。

これまでのベジ・パスタ料理については、カテゴリ「Mains」からご覧頂けます。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
[PR]
# by yuta-vegi | 2013-06-13 17:45 | Mains
ディハイドレーターで作るサラダ、その3
b0172344_8324431.jpg
 夏が近づいて、ディハイドレーターを使うのもどうかなと思っていたところ、ちょうどタイミング良く梅雨寒ですので、またディハイドレーターを使ってみました。レシピは先日のものとほとんど同じです。野菜を塩、レモン汁、黒酢、オリーブオイルで和えて、ディハイドレーターに2時間ほど掛けたものです。パッと見、野菜炒めですが、105°F(約40°C)で乾燥させただけですので、食材に含まれる酵素が破壊されておらず、ヘルシーとのことです。また、オイルを使っていますので、水分だけが飛ばされ、旨味は残るようです。今回の野菜は、ナス、タマネギ、プチトマト、ブラウンマッシュルームです。昨夜作ったものなので、ナスの色がちょっとにじんで来ていますね。サンドイッチにして食べようかなと思っています。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
[PR]
# by yuta-vegi | 2013-06-13 08:36 | Salads
発芽玄米アボカド丼
b0172344_12181489.jpg
 アボカド丼はクラッシックなメニューだと思いますが、最近知ったニュートリショナルイーストを加えて、ちょっとコクを出してみました。アボカド1個に生醤油大さじ1、オリーブオイル大さじ1、黒酢大さじ1に、ニュートリショナルイースト適量です。アボカドと醤油だけでも美味しいです。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
[PR]
# by yuta-vegi | 2013-06-12 12:21 | Mains
以前大好物だった唐揚げを食べてしまう仕組み
b0172344_11183013.jpg
 菜食やローフードが体に良いことは分かっているつもりでも、以前大好物だった唐揚げがどうしても止められず、ヨメに内緒で、ときどき食べたりしていました。何を食べても蕁麻疹が出ていた時期があり、それがローフードを始めるキッカケになったのですが、原因はおそらく当時毎日のように食べていた冷凍食品やジャンクフードにあると考えています。今では、多少唐揚げなどを食べても何ともないので食べることがありますが、何故、食べたくなるのでしょう。それが疑問でした。必要な栄養が足りていなくて、体が欲しているのでしょうか。或いは体が調子良過ぎるから、たまには体に悪いものを試したくなるのでしょうか。それが最近になって、ようやく、あぁそういうことなのか、と気がつきましたので、記事にしてみます。
 
 どうやら、人というのは知らず知らずのうちに、『自分が持っている自分に対するイメージ(セルフイメージ)』に従って行動しているようです。潜在意識という言葉はご存知かと思います。意識には顕在意識と潜在意識(無意識)があって、その潜在意識の中にセルフイメージというものがあり、それに沿った行動をしているそうなのです。例えるとカーナビみたいなもので、潜在意識のセルフイメージにセットされている目的地が「以前の食生活」のままだと、道を逸れてローフードに進んでも、目的地に着こうと潜在意識が働いて、以前の食生活に戻ってしまうということなのです。室温によって作動する温度設定されたエアコンみたいなものですね。きっと私のセルフイメージは、完全には書き替えられていなかったので、油断すると以前の食生活に戻ろうとして、唐揚げを買ってしまっていたということではないかと思います。

 セルフイメージは、子どもの頃に親から言われた言葉や経験などで作り上げられて来るそうですが、書き換えることも出来るようです。物凄く具体的にイメージしたり、習慣にしたり、感動を伴った経験をしたりすることで、より良いセルフイメージが生まれ、潜在意識に刷り込まれるそうです。潜在意識の力はとても強いので、これを活かさない手はありませんね。食生活だけでなく色々と活用出来るそうなので、私も、早くこの余裕のない暮らしから抜け出せるよう、早速イメージです(笑)

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
[PR]
# by yuta-vegi | 2013-06-12 12:17 | 考察