<   2009年 06月 ( 38 )   > この月の画像一覧
ヨーグルト、これまでのまとめ
b0172344_1114158.jpg
 5月末からほとんど毎日、豆乳ヨーグルトを作って、食べてきました。最初はウォームパッドを使って発酵を促していましたが、夏も近づき気温も高くなってきたので、室温でも6時間から8時間程度でしっかり固まります。室温で作った方が、何となくまろやかな気がします。気温が高い日中だと発酵し過ぎることがあるかもしれませんので、私は寝る前に仕込んでおきます。そうすると、朝、出来立ての豆乳ヨーグルトを食べることが出来ます。

 発芽玄米ヨーグルトについては、玄米に黒米をまぜて作ったこともあります。味はあまり変わりません。何となく玄米だけの方がシンプルで好きです。発芽玄米ヨーグルトを使って、豆乳以外のアーモンドナッツミルクやココナッツミルクでもヨーグルトにならないか、試したこともありますが、上手く行きませんでした。クルミがうまく行くという話もあります。発芽玄米ヨーグルトや豆乳ヨーグルトで便通が著しく改善したという話も聞きます。私はもともと便通は悪くないので、変化については良く分かりません。何はともあれ、豆乳ヨーグルトはとても美味しいので、これからも作り続けて、食べ続けようと思っています。

下に作り方を、簡単にまとめてみました。
b0172344_12175910.jpg

追記:2009/06/29
浸水する玄米は、2合くらいが作り易いとのことです。
(参考記事:『サムライ菊の助「畑日記」』「秘伝!生玄米ヨーグルトの作り方」)
豆乳に入れる発芽玄米ヨーグルトは、豆乳500mlに対して大さじ2~3杯程度で上手く行きます。
(参考記事:『IN MY LIFE』「2009年のGWは」)
発芽と発酵は、室温で行います。ヨーグルトが出来上がってからは、冷蔵庫で保存します。ヨーグルトが出来上がったかどうかは、私の場合、発芽玄米ヨーグルトの場合は匂い(ヨーグルトの酸っぱい匂い)で、豆乳ヨーグルトの場合は固さ(容器を揺らしても表面が平ら)で判断しています。発芽玄米ヨーグルトは冷蔵庫で一週間くらい平気でした。豆乳ヨーグルトもそれぐらい大丈夫かもしれませんが、様子を見ながら、なるべく早めにお召し上がり下さい。

過去のヨーグルト関連の記事につきましては、カテゴリ「発酵食品」からご覧いただけます。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
[PR]
by yuta-vegi | 2009-06-28 12:33 | 発酵食品
プランターの小松菜
b0172344_11392111.jpg
プランターで小松菜を育てていますが、あまり大きくなりません。雨が続いたせいもあるのでしょうが、やはり、畑など地植えしないとヒョロヒョロになってしまうような気がします。水をあげたり、防虫ネットをかけたりして手間が掛かったわりには、このプランター1つでグリーンスムージー1杯分にもならず、トホホな感じです。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
[PR]
by yuta-vegi | 2009-06-27 11:47 | 食材
トマト・ヨーグルトクリーム・パスタ
b0172344_21381277.jpg
 ズッキーニのパスタの試行錯誤が続いています。今回は、トマトクリームソースに再挑戦。玄米豆乳ヨーグルトも3日ほど経つと水分が抜けてほぼクリームチーズのようになるので、それを使ってソースを作ってみました。刻んだ玉ネギとニンニク、それに粉末のトマトパウダーを加え、前述の3日経った玄米豆乳ヨーグルトと一緒にミルミキサーにかけます。そのままだと空回りしてしまうので、多少水を加えました。ちょうど良い状態になったらボールにあけ、オリーブオイルと塩、バジルなどで味を調えます。これでも、まぁまぁいけるのですが、欲が出ました。温めてみたのです。

 ローフード、リビングフードは酵素が失活しない温度(47~48度未満)で食べることが原則で、決して温めるのがいけないわけではありません。酵素はタンパク質で作られていて、人間もタンパク質から出来ているので、火傷しない程度の温度やお風呂のように快適な温度などを目安にすれば、特にディハイドレーターがなくても、酵素が失活しない温度までの加熱が出来るのでは、と考えたのです。温かいパスタが食べたくなったというのもありますが、温めた方が酵素の活性が高まる場合もあるようです。(参考記事:なぜ「ぬるロー」はないのか

 ズッキーニのパスタは、少し温めた後に濡れ布巾などの上に置いて粗熱を取ったフライパンに投入して、加熱しました。このときジュッといえば、フライパンの温度が高過ぎるので、さらにもう少し粗熱を取ります。トマトソースの方は、ガスレンジで弱火の遠火にかけ、慎重に加熱。味見をしながら、温度が高くなり過ぎないように気をつけます。人肌くらいになったら、加熱を終えます。(ヨーグルトを混ぜていたので、温度が上がると発酵が始まってビックリしました)。ソースとパスタをあえて、完成です。

 で、肝心の味ですが、まだまだ改良の余地がありそうです(笑)。


にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ 
[PR]
by yuta-vegi | 2009-06-26 22:16 | Mains
酸っぱいパスタ
b0172344_2211268.jpg
いつものズッキーニのパスタに、オリーブオイルとアップルサイダービネガーでマリネしたトマトとマッシュルームのソースをからめてみました。刻んだニンニクや塩も加えていますが、コクが足りなかったので、粉末のトマトパウダーやほんの少しだけ味噌を加えたりしてみましたが、どうも今ひとつ。ひょっとして、アップルサイダービネガーが苦手かもしれません。或いは、「酸っぱいパスタ」というのが自分の中でまだ認識できていないような気もします。うまい喩えではないですが、とんこつラーメン食べたいのに、冷やし中華!みたいな(笑)。夏向きのサッパリ味です。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ 
[PR]
by yuta-vegi | 2009-06-25 22:20 | Mains
落ち着いてきた体重
b0172344_9215399.jpg
 今朝は、62kg(排便後、下着状態で)。BMIは身長170cm計算です。グラフを見ますと、多少の増減はあっても、減量そのもののペースは緩やかになっているような気がします。食事は、朝はほぼグリーンスムージー。お昼と夜は、だいたいローフードメインですが、普通の加熱食の日もあります。午後8時までに済ませるようにしていますが、過ぎてしまう時もあります。玄米豆乳ヨーグルトもよく食べていますね。運動は、仕事が立て込んでいるせいもあって、最近はたまに散歩やヨガをしたりする程度。そこから考えると、気持ち食べ過ぎかもしれません(笑)。

 じんましんについては、ローフードだけの日でも発症したりしますので、私個人については、食事の内容よりも精神状態の方がより影響が強いような気がしています。物事がなかなか思い通りに行かなかったり、予想外の出来事に対応しなくてはいけなくなったときなど、強いストレスを感じているのかもしれません。ストレス自体は悪いものではないので、深呼吸をしたり、伸びをしたりして気持ちを落ち着けたり、充分睡眠を取るなどして、心の健康にも気をつけようと思っています。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ 
[PR]
by yuta-vegi | 2009-06-24 09:39 | 変化の記録
妻のアトランタ便り
b0172344_20523484.jpg
 アトランタでBrenda Cobbさんの主催するThe Living Foods Instituteの10日間のコースに参加している妻から、写真が届きました。泊まっているホテルのネット環境がそれほど良くないようで、画像を一つ送るのにもかなりの時間が掛かります。そういうわけで、続報は帰国後になると思います。
 画像は、「エナジー・スープ」と呼ばれるグリーンスムージーを作っているところのようです。いつも私が作っているグリーンスムージーとは違い、スプラウトや水が多めな感じです。使っているのは、やはりVita-Mixだそうです。


にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
[PR]
by yuta-vegi | 2009-06-23 21:04 | ワークショップ情報
海苔大根
b0172344_1918162.jpg
ともさんのブログ『ローフードでハッピー♪』で紹介されていた「だいこん+のり」を作ってみました。角切りにした大根は、生しょうゆでマリネしたものとそのまま白いものをミックス。海苔も細く切って、上品に盛り付けていますが、これは撮影用。撮影後は、残った大根と一緒に海苔多めで豪快に頂きました(笑)。海苔がポイントだと思います。何だか懐かしい味。磯辺焼きに近い気がします。


にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
[PR]
by yuta-vegi | 2009-06-22 19:24 | Salads
2種類のマリネと水菜のサラダ
b0172344_17251415.jpg
Jordan Maerin著『Raw Foods For Busy People』のレシピ(Simplest Marinade)を参考に大根をマリネしてみました。生しょうゆで黄色く染まって、まるでタクアンのようですが、辛味が薄れて食べやすくなりました。もう一種のマリネは、ビーツです。こちらは先日と同じ、アップルサイダービネガーとアガベと塩で、さっぱりとマリネしています。カットしたトマトと一緒に、水菜にトッピングしてみました。ビーツを切っていると、指先がピンクに染まります。しばらく洗っていると落ちますが、気になる方は手袋を。


にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
[PR]
by yuta-vegi | 2009-06-22 17:37 | Salads
ポパイ・スムージー
b0172344_1046455.jpg
ほうれん草とアボカドのスムージーです。飾っているのは、ウチで作ったほうれん草。プランター育ちです。グラスが物凄く大きいのではなく、ほうれん草が小さいのです(笑)。最近は、クイジナートではなく、専らミルミキサーのミキサーでグリーン・スムージーを作っています。ミルサーだと何だか粉っぽくなるような気がしますし、パッキンを外して洗うのも若干面倒なので、小さなミキサーにカットした野菜を入れて作っています。

ほうれん草といえばポパイですが、ご存じない世代の方もいらっしゃるのかな(笑)。
マガジンハウスのファッション誌ではなく、アメリカンコミックのキャラクターです。
外部リンク:Wikipediaポパイ


にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
[PR]
by yuta-vegi | 2009-06-22 11:07 | Drinks
妻、アトランタのローフードクラスに参加す
 『The Living Foods Lifestyle』の著者でもあり、ローフードで癌を治したというBrenda Cobbさんの主催するThe Living Foods Instituteの10日間のコースに妻が参加しています。参加者はアメリカ国内の方がほとんどで、日本人では恐らく初ではないかと言われています。病気を患い、医者に見放されたような方から、セレブっぽい方まで受講者もさまざまなようです。

 会場は、アメリカ南部の都市、アトランタ。1996年のオリンピック開催地でもありますが、ウィキペディアによると「全米でも有数の犯罪多発都市」でもあるそうで、かなり心配です。クラス期間中の食事や水はすべて提供されるので、特に買い物のために出歩く必要もなく、ホテルとクラスの行き来だけすれば良いそうなので、少しはマシかもしれません。でも、その行き来に使う電車で、乗った車両の乗客が妻以外すべてアフリカ系の住民のときもあったというので、日本とは全く違う環境であることは間違いないでしょう。無事に帰国帰宅することを祈らずにはいられません。今は携帯電話も世界中で使えて、インターネットもあり、スカイプもあるので、小まめに連絡を取ろうと思っています。「アメリカ」=「ハリウッド映画の中の世界」=「犯罪」のイメージが強いのですが、アトランタライフ情報のブログ集で、アトランタにお住まいの日本人の方の普段の生活などを拝見すると、まぁ、それほど心配しなくてもいいかなという気もしてきます。

 さて肝心のクラスの内容ですが、詳細は帰国後に訊くとして、「ローフードの実践」と「デトックス」、それに「エモーショナル・ヒーリング」がメインのようです。少しだけ訊いた話でも、「100%ローフードを続けることは難しくても、20~80%でも実践すれば効果はある」とか、「否定的な感情が病気を招く」や、「大切なのは体重を落とすことではなく、健康で元気でいること」など興味深い内容であることが窺えます。

 何かお伝えしたい内容がありましたら、引き続き記事にしようと思っています。
 妻にアドバイスや励ましのコメントなど頂けると、もう本当に、大変嬉しいです。

外部リンク:The Living Foods Institute
外部リンク:Wikipediaアトランタ
外部リンク:アトランタライフ情報


にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ

 
[PR]
by yuta-vegi | 2009-06-21 21:30 | ワークショップ情報