<   2009年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧
グリーンスムージー30日リトライ、7日目
b0172344_21462940.jpg
今日のグリーンスムージーは、ベビーリーフのミックスパック(レッドビート、ルッコラ、ターサイ、水菜、小松菜、コスレタス、レッドマスタード、レッドオーク、ほうれん草)を活用しました。それにアボカドとバナナを加え、クイジナートで。仕上げにカカオニブを振り掛けています。なんとなく抹茶のお椀によそってみました。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
[PR]
by yuta-vegi | 2009-04-30 21:52 | Drinks
グリーンスムージー30日リトライ、6日目
b0172344_10173948.jpg
今日もまたグリーンスムージーを飲んでいます。材料は、レタス、ほうれん草、バナナ、アボカド。それにGREEN SuperFoodを加えています。今回は豆苗を外したので、気になっていた繊維の感じがあまりありません。「FOREST PEACE GREEN LIFE」のグリーンスムーシーの記事「緑の野菜について」を読むと、レタスはあんまりオススメではないようで、次回はまた別の野菜にしようかと思っています。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
[PR]
by yuta-vegi | 2009-04-29 10:24 | Drinks
ローフードQ&A
 先日ご近所さんとビーチ・ピクニックに行ったんですが、そこでローフードについていろんな質問を受けました。その日の朝にローフードの疑問点をまとめた記事を書いたばかりだったので、スラスラ~っと答えられると思ったのですが、人それぞれ疑問点が違うようで、たじたじ(笑)。でも、お陰で勉強になりました。
 以下は、その質問と答えです。


Q:ローフードの人はサラダばっかり食べてるの?
A:決まりは非加熱か48度以下の加熱ということだけなので、スープやデザート、野菜を使った
  パスタなどビックリするくらいいろんなメニューがありますよ。
  (参考サイト:The Raw Chef Blog

Q:加熱するときに48度はどうやって計るの?
A:もし煮たり焼いたりするなら温度計が必要でしょうね。オーブンなどだと温度設定が出来ると
  思います。ローフードは切ったり混ぜたりの料理が多いようですが、今後レシピを勉強していく
  うちに新しい発見があれば、このブログでご紹介しようと思っています。

Q:グリーンスムージーと青汁は同じ?
A:グリーンスムージーには、野菜と果物を使うようです。また、石塚ともさんのブログ
  紹介されていたサイトで知ったのですが、使う野菜や果物は日々変えた方がいいそうです。
  ほうれん草を使ったら翌日は小松菜とか。(参考サイト:Green Smoothie Recipes

Q:冬にローフードは辛くない?
A:体を温めるようなメニューもあるようです。また、ローフードを続けて冷え症が治ったという話も
  あります。でも体の声を聞いて、ローフードにこだわらず、食べたいものを食べるがいいと思い
  ます。


 最後に、これは最近私が思ったことなのですが、ときおり、リンゴダイエットやバナナダイエット、納豆ダイエットなど単品の食品を食べて痩せるのがブームになったりしますが、これは果物や発酵食品を食べるという点で、ローフードとちょっと似ている気がします。でも頑なに同じものを食べ続けるという点は、不自然で苦しそうで、ローフードとは違うなぁと思います。ローフードはそれほどストイックな感じがなく、お気楽なところが気に入っています。


にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
外部リンク:にほんブログ村ローフード (ローフード人気ブログリンク集)
[PR]
by yuta-vegi | 2009-04-29 10:09 | Q&A
ビート・クッキー
b0172344_12354346.jpg
相変わらずグリーンスムージーは続いています。今日の材料は、豆苗、春菊、ブラジリアンナッツ、バナナ。それにカカオニブを振り掛けています。材料をクイジナートにかけて作っているのですが、やはり繊維が残ってしまう感じがあって、それが最近ちょっと気になり始めています。ミキサーを妻が発注してくれたようなので、到着が待ち遠しいです。左手前にあるのは、ビート・クッキーです。材料は、発芽アーモンド、発芽カシュー、シナモン、ビーツです。食感は、結構硬めです。柴葉漬けのような色です。
b0172344_12421571.jpg

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
[PR]
by yuta-vegi | 2009-04-28 12:49 | Products
ローフードで本当に大丈夫?
 毎朝グリーンスムージー(野菜と果物をジュース状にしたもの)を飲んだり、ローブレッドを食べたりと、食事にどんどんローフードを取り入れるようになってから、体もスッキリして、体調もいいのですが、時折「ローフードって本当に体にいいの?」「危険性はないの?」と思うことがあります。今まで読んだ本を、そうした視点から、もう一度読み直してみました。
 以下は、本の紹介(リンク先Amazon.co.jp)と本文からの引用(「」内)、それに対する私なりの解釈です。多少偏っていたり、正確に伝わらない可能性もありますので、興味を持たれた方は、実際にお読みになることをおすすめします。外部リンク先は著者のブログです。


生菜食健康法』甲田光雄著
 書かれたのが1984年で、ローフードとはちょっと違うストイックな感じの内容ですが、生野菜や果物をメインに食べるということでは共通していると思います。注意点としては、野菜は「慎重によくすりおりす必要があり(中略)いきなり荒い繊維のまま大量に食べると、消化不良を起こす恐れがある」とのことです。これはミキサーにかけることで解決できそうです。あと問題として挙げられているのは、「農薬と寄生虫」。以前(昭和25年頃)は野菜の栽培に人糞肥料が使われることもあったようで寄生虫の心配があったようですが、おそらく今は心配しなくても良いと思います。農薬も、野菜には力があるので問題ないとされる方もいらっしゃいますが、できれば有機栽培のものを購入し、有機栽培ではない果物などは皮を剥くなどすれば良いのではないかと思っています。


ハーモニクス・ライフ自然派生活のすすめ』森田玄・きくちゆみ著
 4/12に参加したローフードセミナーで講演されたお二人の2005年の共著で、マクロビオティック的な視点から書かれた本です。「人間のからだは陰陽と酸アルカリ性を一定の範囲に保っていて、その範囲を逸脱するような食事を続けていると、体調をくずします」とあります。陰性陽性でいうと、野菜や果物は「陰性でアルカリ性」なので、そればかり食べていると調子が崩れるかもということです。これについては上記の甲田さん著書内で「陰極まって陽になる」とあり、「陰陽問題について、決して固定した観念にとらわれるべきではないというのが本来の姿」とあります。また、きくちさんご自身も2007年ごろからローフードを取り入れてらっしゃるようです。
 外部リンク:きくちゆみのブログとポッドキャスト


ローフード私をキレイにした不思議な食べもの』石塚とも著
 4/12に参加したローフードセミナーで講演された石塚ともさんの本で、企画は上記の著者きくちゆみさんです。65歳の彫刻家スザンナさんと石ともさんのローフード奮闘ぶりを追体験できるドラマチックな内容で、レシピも掲載されています。ローフードの注意点としては、「排泄の時間帯である午前中に果物以外の食べものをとってしまうと、消化にエネルギーがとられて、体内の老廃物を身体の外に出すことができなくなってしまう」とあります。またスムージーでは「グレープフルーツのように酸味の強い果物と、バナナのように糖度の高い果物を混ぜないようにしてください。胃の中で中和されて、消化が悪くなってしまうからです」とのことです。他にもビタミンB12不足のことや便秘についても書かれていますが、ローフード自体には特に問題はないようです。
 外部リンク:ローフード 私をキレイにした不思議な食べもの


酵素でやせるローフードダイエット!』笹生暁美著
ローフードのレシピと基本的な説明が、優しい文体で簡潔かつ丁寧に書かれています。石ともさんの本にもあった「食べ合わせのルール」の記載もあります。巻末には「ローフードダイエットよくある質問」としてQ&Aがあり、その中で「リコピンやカロテンのように加熱して栄養価が増すものもありますので、100%ローフードの食生活はおすすめしません」とあります。何事も過ぎたるは及ばざるがごとしなのでしょう。気持ちが楽になります。
 外部リンク:ホールフーズ・ヴェジタリアン・ダイエット


 ということで、やはり特に心配するような危険性はないようでした(笑)。ローフードにもそれなりにルールがあるので、それをある程度守って、気を張らず、自分なりに楽しむくらいが調度良いのではないかと思います。
 最後にローフードの本ではないですが、最近気に入って何度も読み返している本をご紹介します。


「普通がいい」という病』泉谷閑示著
 精神医が書いた「生き方を回復する」ための本です。著者によるとこの本は「実際の臨床場面である時ふと浮かんだキーワードや説明のイメージ、講演や講義の最中にふと口をついて出た言葉、そんなものの集合体」だそうです。「人間の仕組み」や「病気や苦しみとは、天からのギフトのようなもの」など、非常に感銘を受ける内容で、私の中では人生のバイブルになりつつあります。食事について触れている部分もあり、「「毎日必ずそうしなければならない」と硬直化した捉え方をしてしまうと、「生き物」には不自然なことになる」とあります。ローフードも体の声を聞きながら、気楽にいこうということかもしれません。是非、ご一読されることをおすすめします。


にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ いつも記事の最後に添付している左の画像ですが、リンク先のにほんブログ村では人気のあるローフード・ブログがランキング形式で紹介されています。このブログも4/27現在18位にランクインしています。ご参照下さいませ。
 
[PR]
by yuta-vegi | 2009-04-27 08:18 | 参考文献
まさかの6kg減!
b0172344_923721.jpg
 ローフードに始める前に2年ほど前から食事には玄米菜食を取り入れるようにしていたんですが、今年1月の健康診断では中性脂肪値が3年前の205mg/dlから77mg/dlになり、とても驚いていました。体重については、約2kg減の67.9kgでしたが、着衣のままの計測でしたので、それほど正確ではないだろうとあまり気にはしていませんでした。
 先日、スカイプで義母と久しぶりに会話したところ、「痩せたわね!体重、量ってみた?」というので、早速今朝(排便後、下着の状態で)恐る恐る体重計に乗ってみますと、なんと63.8kg!つい最近までは大体70kgでしたので、まさかの6kg減です。1月の健診が正確だったとしても、4kg減。今まで運動したりサウナに入ったりいろいろやった時期もありましたが、ここまでスルッと落ちた記憶はありません。高校の時の体重です。ありえない(笑)。ローフードのほかにも、ヨガをやったり、サーフィンを始めたりしていますが、おそらくローフードの影響が大きいと思います。体重が減ったからといって、絶えずお腹ペコペコな訳ではなく、どちらかというとあまり食べたくないのですが、元気盛り盛りなのです。これが、ローフードの力なんでしょうか。とても不思議な気持ちでいっぱいです。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
[PR]
by yuta-vegi | 2009-04-26 09:50 | 変化の記録
グリーンスムージー30日リトライ、3日目
b0172344_9151681.jpg
今朝の材料は、小松菜、バナナ、それにタヒニ(ゴマペースト)。それらを、まだミキサーが届いていないので、クイジナートにかけています。毎朝大体こんな感じですが、ローフードをご存知ない方からすると、随分奇妙な印象を与えているんでしょうね(笑)。最近、小松菜(有機栽培)が何だか辛い感じがすることが多いので、別の野菜でも作ってみようかなと思っています。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
[PR]
by yuta-vegi | 2009-04-26 09:21 | Drinks
ローチョコ第二弾
b0172344_11525478.jpg
妻が作ったローフードのチョコレート第二弾(第一弾はコチラ)。材料は前回とほぼ同じで、オレンジの精油?をプラスしたとのことでした。甘さ控えめで、ほろ苦い味です。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
[PR]
by yuta-vegi | 2009-04-25 11:55 | Desserts
フラックス・シード
b0172344_114468.jpg
ローフードなどではよく使われるフラックスシードですが、今まで私はその存在すら知りませんでした。しかし、いつの間にか妻が買っていたお陰で、毎日のように使うことが出来ます。検索してみると、亜麻仁の種で、体内で合成できない必須脂肪酸のひとつアルファリノレン酸を多く含んでいるとのことでした。味はゴマに近いでしょうか。写真のフレックスシードは、さらにwith Goji Berry Powderということです。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
[PR]
by yuta-vegi | 2009-04-25 11:51 | Products
グリーンスムージー30日リトライ
b0172344_1138595.jpg
30日間グリーンスムージーでは、毎日1リットル飲むとのことですが、これは入れる水の量によっても変わってくるのではないかなと思い、FOREST PEACE GREEN LIFEのEmmaさんにお伺いしたところ、2カップ(400ml)程度ではないかとのお答えを頂きました。というわけで、今日はいつもより水多めです。材料は、小松菜、豆苗、リンゴ、アボカド、バナナ。それにフラックスシードです。上の写真で大体500mlです。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
[PR]
by yuta-vegi | 2009-04-25 11:43 | Drinks