カテゴリ:食材( 34 )
ザクロを頂く
b0172344_13575890.jpg
 幼い頃に食べた記憶がおぼろにあるばかりのザクロですが、たまたまスーパーで見掛けたので買ってみました。どこかの記事で、ザクロは乱れた食生活をリセット出来るほどの栄養があると読んだ記憶もありますが、ビタミン類やカリウム、ポリフェノールを多く含み、免疫を高めたり、疲労回復や生活習慣病予防などに良いようです。
 さて、剥き方ですが、果汁が服に着くと落ちにくいとのことで、切れ目を入れた後、水をはったボウルの中で剥くと良いそうです。皮は浮き、実は沈みますが、小さな皮も一緒に沈みますので、これを取り除くのがちょっと手間です。そのまま、実をポリポリと頂いても良いですが、色が鮮やかなので、何かにトッピングすると、とても映えます。
b0172344_14114415.jpg

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
[PR]
by yuta-vegi | 2013-11-02 14:21 | 食材
アルファルファのスプラウト
b0172344_11432175.jpg
 大さじ1杯半の種が、一週間でこんなに育ちました。スプラウトを育てる前は面倒くさいと思っていましたが、育っていくのを見るのが楽しみで、ちょっと早く起きたりしています。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
[PR]
by yuta-vegi | 2013-08-12 11:45 | 食材
豊島の無農薬レモン
b0172344_11592685.jpg
 その名の通り、かつては豊かだった島、豊島(てしま)も産廃問題の方で有名になってしまいましたが、その影響を全く受けていない東側の土地では、無農薬レモンが作られているそうです。お金や権力のために簡単に破壊されていく自然と、それを取り戻そうと尽力する人々。私たちは次の世代に、いったい何を残していくのでしょう。そんなことを考えながら、無農薬レモンを頂いています。

豊島檸檬通信


にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
[PR]
by yuta-vegi | 2013-07-21 12:11 | 食材
アマランサスのスプラウト
b0172344_8373351.jpg
 アマランサスを発芽させてみました。Mark M. Braunstein著Sprout Gardenによると、アマランサスは浸水させず、さっと洗うだけで良いようです。日に二三度水洗いし、1〜3日で発芽、1から1+1/4インチで収穫とのことです。一番伸びたものを指に乗せて、撮影していたのですが、指の熱で、若干萎れて来ています。味は、lousy(ひどい)とかindescribable(表現出来ない)とか書いてありますが、若干苦みがある程度で、どちらかというとプチプチとした食感を楽しむ方が良いのかもしれません。タラコのような感じですので、似た味付けをすれば(例えばロータラコパスタとか)結構面白いのではないかと思います。栄養は、とても豊富なようです。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
[PR]
by yuta-vegi | 2013-07-08 08:52 | 食材
小豆スプラウト4日目
b0172344_8515699.jpg
 小豆のスプラウトに葉っぱが出て来ました。昨日の状態と比べると、一日の成長ぶりにビックリです。アボカドと比べると雲泥の差。まるでジャックと豆の木です。発芽というので、芽が出ているのだとばかり思っていましたが、どうやら最初に出ていたのは根だったようです。Mark M. Braunstein著Sprout Gardenでは、小豆スプラウトの収穫の目安は、1/2から1+1/2インチで葉っぱが出る前とのことですので、これだとちょっと育ち過ぎなのかもしれません。発芽玄米の方は、昨夜完食しました。苦みが気になっていたのですが、ちょっと調べたところでは、ビタミンB6やカルシウムが原因のようです。とても元気が出る食べ物なので、また育てようと思います。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
[PR]
by yuta-vegi | 2013-07-04 09:08 | 食材
スプラウト3日後
b0172344_8305224.jpg
 スプラウト、その後です。ヒマワリは古かったのか、悪くなって来たので、廃棄しました。小豆と玄米は順調に育ちました。小豆の根が赤くなったものが若干あったのですが、小豆の赤い色素を吸ってしまったんでしょうか。ちょっとよく分かりません。そのまま食べたり、トッピングしてみたり、ローブレッドに入れてみたりしています。カビが生えないように何度か洗う必要がありますが、浸水させれば食べられると知っていると、いざというときに役に立つかもしれません。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
[PR]
by yuta-vegi | 2013-07-03 08:36 | 食材
スプラウト
b0172344_10123435.jpg
 発芽させる方法は、いろいろあるようで、水に漬ける時間も本によってマチマチです。Jeremy A. Safron著 The Raw Truthでは、ワイルドライスは9時間、小豆は8時間、ヒマワリは7時間浸水するとありますが、Mark M. Braunstein著 Sprout Gardenでは、ライスは12から24時間、小豆は5から24時間、ヒマワリは2から7時間の浸水とあります。気温などの条件にもよるでしょうから、それほど正確でなくても良いのかもしれませんね。いずれにしても、水からあげた後、一日2、3回は水洗いした方が良いようです。
 ウチでは、いつも玄米は、日に二度ほど水を変えますが、基本的に水につけっぱなしで、発芽させて来ました。今回は浸水後、水からあげて様子を見たいと思います。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
[PR]
by yuta-vegi | 2013-06-30 10:26 | 食材
生のトウモロコシは食べられるの?
b0172344_108860.jpg
 トウモロコシは生で食べられます。新鮮な方がより美味しいと思います。個人的には、アイスクリームを食べているような気分になります(笑)。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
[PR]
by yuta-vegi | 2013-06-30 10:10 | 食材
生のキノコは食べられるの?
b0172344_849445.jpg
 以前の記事で、マッシュルームは生で食べると書きましたが、他のキノコはどうなのでしょう。検索してみました。

管理栄養士の根岸由紀子さんによると、
『生で食べてはいけないと言われているのは「ニオウシメジ(仁王しめじ)」くらいでしょう。水で洗わない方が旨みが逃げませんが、原木栽培や野生のものは木の葉や土の汚れが、菌床栽培のものはおが屑などが気になるので洗います。天然のキノコを水煮するのは汚れを取り除きやすくするのと日持ち(保存)のためです。加熱すると、食感がパキパキ・シャキシャキのものが、つるんとしてきますし、旨みも出てきます。しっかり煮たり、ちょっと湯がいたり、少し網の上で焼いたりと、味と食感の違いを楽しんでみて下さい。』とのことです(引用元mosbit.com

新潟県森林研究所、武田綾子さんによると、
『エノキタケには「フラ(ン)ムトキシン」という蛋白質が含まれていて、これにはO型赤血球を破壊する溶血作用があるのです。ただし熱に弱いので、加熱して食べる分には何ら問題はありません。エノキタケは酢の物やサラダ風にして夏でも楽しめるきのこだと思っていますが、いくら鮮度が良くても決して生食や半生では食べないでください。 エノキタケに限らず、きのこは全般的に加熱してください。食用のきのこでも生食や半生で中毒を起こす例はありますし、消化不良を起こしやすくなります。またエノキタケ同様、含まれている成分の中に生のまま食べることで人体に悪影響を及ぼす物質が含まれている場合もあります。きのこは加熱することによって旨味成分が蓄積・増大します。きのこをおいしく安全に食べるには加熱することが大切』だそうです。(引用元きのこの秘密

個人的には、リスクは冒したくないと思っています。
みなさんはどうですか?

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
[PR]
by yuta-vegi | 2013-06-29 09:01 | 食材
色づいたトマト
b0172344_12204552.jpg
 室内で育てていたトマトがようやく色づきました。色づくまで60日掛かるという記事もあったのですが、それよりは早く三週間程度で収穫です。味は元気が出るような感じで、美味しかったのですが、環境が悪かったせいか、10個もなっていません。もし育てるならやっぱり屋外が良いと思います。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
[PR]
by yuta-vegi | 2013-06-28 12:23 | 食材