カテゴリ:参考文献( 27 )
一日野菜350g食べていますか?
b0172344_7324733.jpg
厚生労働省による「21世紀における国民健康づくり運動」では、成人の場合、一日の野菜摂取量の目標を350gとしています。今朝のグリーンスムージーに使う野菜はどれくらいか量ってみますと、約240g。それを二人で分けましたので、約120g。意外と少ないものですね。野菜にもいろいろあるでしょうから、重さだけでいうのもどうかと思いますが、目標値をクリアできるよう、継続していきたいと思います。

健康日本21 栄養と食生活「現状と目標
厚生労働省 平成23年国民健康・栄養調査結果の概要

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
[PR]
by yuta-vegi | 2013-08-18 07:42 | 参考文献
アスリートこそ菜食を!
 ひさびさにテレビを見ていました。SASUKEというスポーツエンタテイメント番組です。ご覧になった方もいらっしゃるかと思いますが、文字通り血のにじむ様な努力を重ねて来たにも関わらず、惜しくも途中リタイアした選手が「努力が足りなかった…」と自分を責める姿がとても印象的で、私も明日から頑張ろう!とやる気を貰った感じがしています。
 選手たちは本当にストイックに頑張って来たけれど、食事は何を食べているのだろうと、ちょっと気になったりもしています。やっぱり焼き肉でしょうか。私はアスリートこそ菜食にすべきではないかと思っています。「アスリート+菜食」で検索するだけでも、著名なスポーツ選手がベジタリアンであることが分かります。私は完全な菜食ではないですが、移行前は「肉を食べないと死ぬ」とかなり本気で思っていました。今ではほとんど逆になってしまいましたが、一般的には肉を重要視する考えの方が多いと思います。しかし、菜食やローフードにした日はとても身体が軽く、力が湧いて来るのが実感できます。肉食の方には是非一度試して欲しいと思います。特に若い方やアスリートの方なら尚更その力を活かせるのではないかと思うと、とても残念な気がしてなりません。

【参考サイト】
菜食のススメ「菜食を実践して勝利を得たアスリートたち
菜食生活「ベジタリアン有名人=スポーツ選手編
No Meat Athlete Diet

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
[PR]
by yuta-vegi | 2013-06-27 22:46 | 参考文献
スティーブ・ジョブズ氏の食生活と膵臓がん
 スティーブ・ジョブズ氏が膵臓がんで亡くなりました。56歳という若さでした。
 膵臓がんの原因について調べてみますと、医学的に決定的なものはないようですが、喫煙や飲酒、肉食高脂肪食やコーヒー、糖尿病や加齢などが要因だとも言われているようです。
 では、ジョブズ氏はどのような食生活を送っていたのでしょうか。ウィキペディアによれば、ジョブズ氏は『ベジタリアンの立場で、食事には強いこだわり』があったそうです。『日本食を好み、特に蕎麦が好物である。アップル本社の食堂Cafe Macsにはジョブズが考案したという「刺身ソバ」なるメニューがある』とか。また、現代ビジネスの記事では、『ジョブズ夫妻が、究極の菜食主義者と言われるヴィーガンであることは有名で、ジョブズ氏は、特に果物にこだわる果実食主義者。リンゴが大好物で、肉も魚も、卵も乳製品すら摂らない。ミルクも蜂蜜もダメ』とあります。
 それほど食にこだわっていたジョブズ氏が膵臓がんになるというのが、どうもしっくりこなくてもう少し調べてみました。すると、こんな記事がありました。「アライブ!サプリメントカフェ」という健康情報サイトによれば『ベジタリアンは、大腸ガンのリスクが増加!? 』するらしいです。ベジタリアンは全体的にがんのリスクを下げますが、大腸がんに関しては逆にリスクが高まるというのです。また、『すい臓ガンのリスクを糖分、果物、ジュースが高める』という記事もありました。こちらの記事によれば、ハワイ大学がん研究所ウテ・ノスリングス氏らの発表として『特に太りすぎ、肥満の人々でこの影響は大きく、果糖の摂取が最も多い人々は、すい臓ガンの発症リスクが 46 パーセント増加』とあります。膵臓がん発症の前のジョブズ氏はかなりふっくらされていたので、発症リスクが高まっていたのかもしれません。
 いずれにせよ、その早過ぎる死は残念でなりません。心からご冥福をお祈り申し上げます。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
[PR]
by yuta-vegi | 2011-10-06 19:50 | 参考文献
大豆イソフラボンの取り過ぎにご用心?
豆乳ヨーグルトがおいしくて、日々食べていますが、取り過ぎると害があるという記事もありましたので、ご紹介します。

日経BPネット:健康注意報:「大豆イソフラボン」の過剰摂取に警鐘
DHC:「大豆イソフラボンの1日摂取上限量30mgとは?」
まとめサイト:イソフラボンの効果・効能と副作用などのまとめ

いずれもサプリメントなどで摂取する場合は注意が必要ということではないかと思います。いくら健康に良くても、同じものばかり大量にというのは、やはり問題があるかもしれません。何事もバランスが大事だと思います。

追記:2011/7/22
いずれも2006年の食品安全委員会の発表をもとにした記事です。食品安全委員会へは下記のリンク先をご参照下さい。詳しくまとまっています。
食品安全委員会:大豆および大豆イソフラボンに関するQ&A

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
[PR]
by yuta-vegi | 2011-07-21 22:58 | 参考文献
アイアンマンが飲んでいたドリンク
以前の記事でも紹介しました映画『アイアンマン』。ハリウッドのアクション映画ですが、劇中で主人公がグリーンスムージーらしきドリンクを飲むシーンがあり、個人的にとても気になっていました。先日、その続編『アイアンマン2』をいそいそと鑑賞。気になっていた緑の液体の正体がハッキリしたのですが、残念ながらグリーンスムージーではありませんでした。「血液汚染を抑えるためのクロロフィル・ドリンク(Wikipediaより引用)」だそうです。劇中でも簡単な説明がありますが、味は不味いそうで、グリーンスムージーファンの私はそのいかにもステレオタイプ的な演出にちょっとガックリしてしまいました。とはいえ、映画は面白かったですよ。ロバート・ダウニー・Jr(45歳)、ミッキー・ローク(58歳)、頑張っています!

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
[PR]
by yuta-vegi | 2010-11-14 17:52 | 参考文献
ローフード・フォー・ビジー・ピープルDVD版
b0172344_9163969.jpg
表紙イラストを担当させて頂いた『ローフード・フォー・ビジー・ピープル』のDVD版がリリースされました。文字と違って映像で見るレシピは、やはり分かり易いです。映像はプラベートビデオ的な雰囲気なので、著者がどんな人か良く分かり、また、その人柄が伝わってくるような感じで、とても親近感を覚えます。レシピだけではなく、講義も2クラス収録されていて、学ぶことも多いです。ディハイドレーター(食品乾燥器)の説明でのおばあちゃんのリアクションがちょっと面白かったです。
これからローフードを始める方は、まずDVDをご覧頂いて、さらに書籍版などでレシピを増やすというのが良いかもしれませんね。DVDの詳細につきましては、下記リンクをご参照下さい。

外部リンク:『ローフード・フォー・ビジー・ピープル』DVD発売のお知らせ

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
[PR]
by yuta-vegi | 2010-11-03 09:23 | 参考文献
"You Can Heal Your Life"読了
 ようやく"You Can Heal Your Life"を読み終えました。以前の記事が5月だったので、読了まで5ヶ月も掛かったことになりますね。途中、自宅新築工事や引越しがあり、また英文だったこともあって、随分と時間が掛かってしまいました。内容は、自己肯定、アファメーション(肯定的な宣言)、許しなどを通して、よりよい人生を送るためのアイデアやヒントがたくさん書かれています。にわかには信じがたいような事例もありますが、日々のちょっとした奇跡的な出来事を見過ごさないように大事にしていきたいと思えるようになりました。日本語版もあったようですが、現在は中古のみ入手可能なようです。私の読んだ英語版はイラストも多く、飾っておいて、時折パラパラ読むというのも良いかもしれません。

You Can Heal Your Life
[PR]
by yuta-vegi | 2010-10-21 14:51 | 参考文献
Heal your lifeとRawfood
先日ご紹介しました『You Can Heal Your Life』のサイトHeal Your Lifeがありましたので、お知らせします。こちらは書籍の内容というより、総合的な情報サイトのようです。その中にローフードの記事もありました。Heal your lifeとRawfoodは、何だかつながっている感じがしています。

Heal Your Life:Beverage Gone Raw
[PR]
by yuta-vegi | 2010-05-16 00:44 | 参考文献
You Can Heal Your Life
 毎朝のグリーンスムージーやローフード、菜食を意識した食事のお陰で、体調はかなり良いです。たまにジャンクなものを食べることもありますが、快適な故郷に戻るように、必ずローフード、菜食へと戻って行きます。食については、もう心配ないような、まるで何かを悟ったような気分でいます(笑)。
 そして今は、さらにローフードメニューを極めようという気持ちより、心の持ち方や物事の捉え方、人生をどう生きるかに関心が移ってきています。
 そこで出会ったのが、Louise L. Hay著『You Can Heal Your Life』。まだ途中ですが、自己啓発本などとはちょっと違う印象です。YouTubeで動画もありますので、ご紹介いたします。

Amazon: 『You Can Heal Your Life
Amazon:『すべてがうまくいく「やすらぎ」の言葉』(日本語版)
YouTube:『You Can Heal Your Life
[PR]
by yuta-vegi | 2010-05-10 21:36 | 参考文献
twitter、始めました!
 最近、twitter(ツイッター或いはトゥイッター)を始めました。
 一度の投稿が140文字と制約があるため、見出しのように内容がまとまっていて、短時間にザッと見れるところが気に入っています。ブログのようにキッチリまとめて記事をアップという感じではないので、投稿も空いた時間にちょこちょこっと出来、ちょっとした考えや気持ちをメモする感覚で楽しんでいます。そのかわり、ブログのようにカテゴリなどで整理できないので、(特に私の場合)内容はその時々の状況によって実に様々です(笑)。
 いろいろな方がtwitterをされています。ニュースや天気予報もあります。「ローフード」や「rawfood」で検索すると新たな発見や出会いがあるかもしれませんよ。
 海外サイトでGone Rawというローフードのレシピやアドバイスを掲載しているサイトがありますが、そこもフォーラムの見出しとリンクという形でtwitterをされています。

外部リンク:twitter
外部リンク:twitterをはじめよう!
外部リンク:Gone Raw


にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
[PR]
by yuta-vegi | 2009-10-25 15:04 | 参考文献