生のキノコは食べられるの?
b0172344_849445.jpg
 以前の記事で、マッシュルームは生で食べると書きましたが、他のキノコはどうなのでしょう。検索してみました。

管理栄養士の根岸由紀子さんによると、
『生で食べてはいけないと言われているのは「ニオウシメジ(仁王しめじ)」くらいでしょう。水で洗わない方が旨みが逃げませんが、原木栽培や野生のものは木の葉や土の汚れが、菌床栽培のものはおが屑などが気になるので洗います。天然のキノコを水煮するのは汚れを取り除きやすくするのと日持ち(保存)のためです。加熱すると、食感がパキパキ・シャキシャキのものが、つるんとしてきますし、旨みも出てきます。しっかり煮たり、ちょっと湯がいたり、少し網の上で焼いたりと、味と食感の違いを楽しんでみて下さい。』とのことです(引用元mosbit.com

新潟県森林研究所、武田綾子さんによると、
『エノキタケには「フラ(ン)ムトキシン」という蛋白質が含まれていて、これにはO型赤血球を破壊する溶血作用があるのです。ただし熱に弱いので、加熱して食べる分には何ら問題はありません。エノキタケは酢の物やサラダ風にして夏でも楽しめるきのこだと思っていますが、いくら鮮度が良くても決して生食や半生では食べないでください。 エノキタケに限らず、きのこは全般的に加熱してください。食用のきのこでも生食や半生で中毒を起こす例はありますし、消化不良を起こしやすくなります。またエノキタケ同様、含まれている成分の中に生のまま食べることで人体に悪影響を及ぼす物質が含まれている場合もあります。きのこは加熱することによって旨味成分が蓄積・増大します。きのこをおいしく安全に食べるには加熱することが大切』だそうです。(引用元きのこの秘密

個人的には、リスクは冒したくないと思っています。
みなさんはどうですか?

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
[PR]
by yuta-vegi | 2013-06-29 09:01 | 食材
<< ナスとアボカドのサラダ 14日間ローフード >>