Vita-Mixで作るグリーンスムージーは本当に味が違うのか
b0172344_22573151.jpg
 Vita-Mixで作るグリーンスムージーは本当に味が違うのか、実験してみました。材料は、ほうれん草とバナナと水。右が、ミルミキサー。左がVita-Mixで作ったものです。粉砕時間は、回転数も違うでしょうから、正確に同じではないですが、全体的に粉砕できたなぁと思うまで粉砕しました。仕上りは同じに見えますが、よく見ると右のミルミキサーで作ったグリーンスムージーの底の方では水分が分離してきています。
 肝心の味ですが、同じ材料ですので、当然ながら、それほど大きな違いはありません。しかし、食感というか舌触りというか、そうした感覚も味に含めるとすると、味は違います。Vita-Mixは滑らかです。少々粉っぽい気もしますが、ミルサーで作った場合ほどは気になりません。ミルミキサーでは、やや粉砕時間が短かったのか、材料それぞれが何となく分かり、完全に混ざり切っていないような感じでした。味というか、食感は好みだと思いますが、吸収しやすさからいうと、Vita-Mixなのかなぁとも思います。
 今まで、クイジナート、ミルミキサー、ミルサー、Vita-Mixといろんな調理器具でグリーンスムージーを作ってきました。個人的な感想になりますが、それぞれ一長一短があるような気がします。クイジナートは、グリーンスムージーというよりもグリーンピューレのようなトロッとしたものを作るのに向いていると思います。ジュース的なものには向いていないようです。ミルミキサーは手軽で好きなんですが、容量が少ないので材料をカットして入れる必要があります。ミルサーで作ると、ちょっと粉っぽくなる気がします。ガラス容器というところは気に入っています。Vita-Mixは、評判通り、粉砕能力は素晴らしいのですが、音がやはり大きいですね。ガラス容器で、音も静かなら言うことないのにと思います。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
[PR]
by yuta-vegi | 2009-07-08 23:25 | Drinks
<< ディハイドレーター注文したけれど 発芽はと麦 >>