ナッツミルクからローチョコ三種
b0172344_12305077.jpg
アーモンドのナッツミルクを作る際に出た搾りカスを利用して、妻がローチョコを作りました。手前は、ココナッツ・フレークが入ったブランデー風味のロー・トリュフ。奥の蝶型が、カカオニブとバニラが入ったスタッフィング入りチョコ。花型は、大粒ロー・マカダミア・ナッツ入りチョコです。甘みは、ほとんどデーツで、アガベを少し。滑らかな余韻です。
b0172344_12355690.jpg

追記:2009/6/15
常温でもパキッとしたチョコを目指してまだ試行錯誤中だそうですが、
レシピは大体下記の通りです。分量は適当だそうです(笑)。

【蝶型チョコ・スタッフィング】
アーモンドの搾りカス、デーツ、ローカカオ、ココナッツオイル、ブランデーを混ぜ合わせる。
【花型チョコ・中身】
オーガニック・ロー・マカダミアナッツ
【共通コーティングチョコ】
カカオニブをミルサーでカカオバターを滲み出るまで粉砕し、カカオマスの状態に近づける。
そこへココナッツオイルを加えて、テンパリングする。デーツとアガベを加える。
型に1/2程度流し込む。スタッフィングを入れ、型いっぱいまでさらに流し込む。
冷やす。

【ロー・トリュフ】
余った材料を全て混ぜ合わせ、そこへココナッツフレークをある程度の硬さが出るまで加え、
丸める。ロー・カカオパウダーをまぶす。


にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
[PR]
by yuta-vegi | 2009-06-14 12:40 | Desserts
<< 野菜の収穫&植え付け アボカドのアーモンドミルクスープ >>