欠けていたクイジナートの刃
b0172344_23131251.jpg
 食後、クイジナートを洗っていると、メタルブレードの一部が他と違う感覚の箇所がありました。光の当たり具合を変えたり、裏返したりして良く確認してみると、刃の一部が欠けてしまっています。上の画像でいうと、左から凹凸凹凸と来て、次の凹からその次の凸にかけて刃が丸くなってしまっているのがご覧頂けると思います。
 おそらく、冷凍イチゴなどをかけた時に欠けたのだと思います。やはり冷凍イチゴなどをかける場合には、少し解凍しておいたり、予め小さくしてカットしておくなど充分注意した方がいいのかもしれません。基本的にクイジナートは固い食材には向いていないようです。

 取扱説明書には「メタルブレードの損傷に気がついたときには使用を中止し、新しいものと交換してください」とありますので、新しい替え刃を注文しようと思っています。また、他のページには「メタルブレードは消耗品ですので、定期的な交換をおすすめします」ともあります。注文してもすぐには届かないようなので、何個か買っておいた方がいいかもしれません。DLC-10用替え刃FP-100TXIで3,000~4,000円程度です。

 ウチで作るほとんどのローフードにクイジナートのメタルブレードを使っていたので、今回の刃こぼれはかなりの影響です。しばらくは手持ちの他の調理器具を使うか、別のレシピに挑戦しなければなりません。それがまた良い勉強の機会になったと言えなくもないので、いろいろ工夫してみようと思っています。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
[PR]
by yuta-vegi | 2009-05-22 23:39 | 調理器具
<< Rasayana Retreat どうすれば「体の声」が聞こえる? >>