私のグリーンスムージーは邪道?
b0172344_11122015.jpg
 これまでウチではグリーンスムージーをクイジナート(フードプロセッサー)で作ってきましたが、妻が以前から使用していたミルミキサーがあると知り、試しにミルミキサーにかけてみました。材料は、小松菜、バナナ、冷凍マンゴーです。左が、クイジナート。右が、ミルミキサーにかけたものです。ミルミキサーが400mlでmaxと小ぶりなものなので、クイジナートである程度粉砕したものをかけていますが、違いは一目瞭然です。そして、味も違います。

 ミルミキサーの方は、素材が完全に混ざっている感じで、とても滑らかです。まるで工場で作られた商品のようなスムーズさに、ちょっと味気ない印象さえ受けました。色がキレイで、食べやすいです。
 一方、これまで食べていたクイジナートの方は、素材の粒が残り、素朴で粗野な感じですが、素材が完全に混ざりきっていないせいもあってか、ミルミキサーのものに比べると若干甘みが強い感じでした。私はこちらを食べ慣れているので、特別、違和感はありませんが、初めて食べる方には抵抗があるかもしれません。

 おそらくグリーンスムージーといえば、ミキサー(ブレンダー)で作るもので、クイジナートで作っている人は少数派か、或いは私だけではないかと思います。それでも、ここ数ヶ月の体の変化は実績としてそれなりに誇って良いのかもしれません。ただ、腸の弱い妻には、私ほどの効果がまだ表れていないところを見ると、ミキサーでさらに細かくブレンドしたグリーンスムージーの方が良いのかもしれません。ただ、どれだけ細かくすれば、植物の細胞壁を破壊して確実に栄養素を取り出せるのか、また、栄養素を傷つけずに済むのかなどは、良く分かりません。詳しい方がいらっしゃいましたら、お知らせ頂けると助かります。

追記:2009/05/22
冷凍食品を入れる場合は注意が必要です。使用後は必ずメタルブレードに刃こぼれがないか確認して下さい。
参考記事:欠けていたクイジナートの刃

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
[PR]
by yuta-vegi | 2009-05-22 11:45 | Drinks
<< どうすれば「体の声」が聞こえる? 食用亜麻仁油 >>