ガスパチョ、試作
b0172344_12434066.jpg
 夏のような陽射し。暑いですね。こんな日にはガスパチョが食べたくなります。
 レシピは、Jeremy A. Safron著『The Raw Truth』のGazpachoをベースにしようと思ったのですが、ないものが多く、あるもので代用しました。材料は、イタリア産完熟オーガニックトマト缶、たまねぎ、きゅうりの代わりに大根、オレンジの代わりに甘夏、アップルサイダービネガーの代わりにリンゴ酢、オリーブオイル、クミンパウダー、ガーリックパウダー、ブラックペパーです。水は加えていません。クイジナートで作りました。
 元々のレシピでは、この他に、green onion(青ネギ?)やレモン、ニンニク、パセリ、tarragon(?)、バジル、cilantro(コリアンダー)、塩などを使っています。
 味は、それなりに美味しかったのですが、たまねぎの辛さが残ってしまったのが、悔やまれます。10分ほど外において天日にあててみたのですが、充分ではなかったようです。好みかもしれませんが、もう少し長めに天日にあてるか水に充分さらすなどして、辛味を取った方がさらに美味しいと思います。また、クミンはかなり主張が強いので、少量にするか、なくてもいいかもしれません。

にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
[PR]
by yuta-vegi | 2009-05-14 13:04 | Soups
<< グリーンスムージー、失敗作? 忌野清志郎が信じてしまった「玄... >>